法事に貸切バスは便利

親戚が集まる法事は、主催する家にとっても、集まる家族や親せきにとっても金銭的な負担が大きいものです。
負担の大きい法事ですが、貸切バスを使うことで出席される皆さんの負担を軽減することができます。

まずは参加人数によって、車種を選定します。
一番小さいサイズは10名程度の搭乗集のミニバスです。
家族のみで行う場合など、丁度よいサイズの車種です。

次に大きいサイズは、マイクロバスです。
15名程度の搭乗数ですので家族と親戚の方々が来られる場合に丁度良いサイズです。

20名以上いらっしゃる場合には中型や大型といったバスになります。
また、車種によっては車椅子用のリフトアップやステップ、トイレもついた車種もありますので、参加者にご高齢の方やお子様がいるのであれば検討してもいいかもいしれません。

ただ、場所によっては大型バスが駐車出来なかったり、通れない道もあります。
とりおこなう寺院、会場などに確認してください。

貸切バスなので、すべてのプランはお客様が決めることができます。
参列者が乗り込むための立ち寄り地点、そしてお寺、食事会場、参列者の送り先、そして自宅へと完全にパッケージ化することも可能です。

自分たちの負担を減らし、参列者の負担も減らせる貸切バスをぜひともご活用ください。